お笑いプラットフォーム オモプラッタ

オモプラッタ

2017.03.28 すべりにくい話

なぜこれを? 死を悟ったおばあちゃんが僕に託してくれた意外なモノとは

プロの芸人たちがよりすぐりの傑作エピソードを披露! クスッと笑える「すべりにくい話」をお楽しみください。

EP108

死を悟ったおばあちゃんが僕に託してくれたクソみたいなものとは!?

フラミンゴ竹森千一です。

今はこの世にいない、おばあちゃんの話です。

ある時、病院に「もう、長くない」と言われて、 みんな 「おばあちゃんに温かく接しよう」 ってなったんです。 正月の集まり、新年会も 「これが最後になるかも」 って。 僕、その時、二十歳をだいぶ超えてたので、 お年玉って概念はもう既にないんです。 甥っ子や姪っ子がお年玉もらうのを 温かく見てた。

 

そしたら突然、おばあちゃんが、 僕を 「おいで」 と呼ぶ。

なあに?

ちょっと、待っててね」 と、襖を開けて奥へ行った。

厳重に縛ってある、重箱みたいなものを出してきた。 「これ、ずーっとあげようと思ってた。大事にしてね」 横から、おじいちゃんも 「ずーっと、大事に持ってたんだよ、もらってあげて」って。

 

おばあちゃん、最後に俺に託したいモノがあるのかな? 」と思いながら。紐を解いていった。 開けたら、ティッシュでくるんである。 お婆ちゃん達って、よくティッシュでくるむじゃないですか。

あっ、お金かな?」 と思ったんだけど、中身は、お金じゃなくて ウエットティッシュだった。

ウエットティッシュが、三袋

ティッシュで、ティッシュを包んでた。 たぶん、どこかでもらったのを、「これは、孫に託すしかない」 と。

 

でも、もうカラカラだし………

お笑い動画配信サービス お笑いTV

まだまだあります ネタ動画見放題!!
オモプラッタ編集部
オモプラッタ編集部

オモプラッタ編集部

オモプラッタ編集部のほかの記事を見る

オモプラッタをフォローして最新情報を受け取る