お笑いプラットフォーム オモプラッタ

オモプラッタ

2017.03.14 オモプラニュース

「鮭と熊」になりきる練習!? 知られざるアイスホッケーの世界とは!?

今回お話を伺ったのは、太田プロダクション所属のお笑いコンビ「六六三六」の柴田さん。北海道出身であり、14年間もアイスホッケーをしていたという、ステージの上では滑り知らずの柴田さんが教えてくれた「知られざるホッケーの世界」とは!?

0543-2

過酷なスポーツなんです

小学生の頃からアイスホッケーをしていた柴田さん。出身は、北海道は札幌の手稲。雪国らしく、子供の頃からホッケーをやらせてくれる土壌があったという。中学校ではクラブチーム、そこから高校、大学とアイスホッケーに明け暮れた。現役時代は、体重が80キロもあった。まず10キロを走った後で学校へ行き、授業が終わってからはまた10キロ走り、筋トレをして、短距離走もこなし、また最後に10キロ走って終わるというキツい練習を毎日のようにこなしていた。

「鮭」

体育会系の部活にありがちな伝統と言えば、先輩たちからの理不尽な「しごき」だが、柴田さんもその洗礼を受けたひとり。柴田さんが通っていた学校のアイスホッケー部には、とある変わった「伝統」があったのだそう。 いつもランニングで使っている河川敷を、普段通り走っていた部員たち。そこはすごく浅い川だったそうなのだが、ある時、上級生たちが集合し「じゃあ、今日はあれやるか」とざわめき始めた。「何だろう」と当然怖がった柴田さんたち。すると3年生は「じゃあ今日は鮭やるわ。鮭」とにやにやしながら言い出した。

お笑い動画配信サービス お笑いTV

まだまだあります ネタ動画見放題!!

この記事に登場する芸人

六六三六
六六三六

太田プロダクション所属のお笑いコンビ「六六三六」!

六六三六のほかの記事を見る

オモプラッタをフォローして最新情報を受け取る