お笑いプラットフォーム オモプラッタ

オモプラッタ

2017.01.23 オモプラニュース

映画芸人が教えてくれる「今オススメの映画トップ5」

今回お話を伺ったのは、お笑いコンビ「ジャガモンド」の斉藤さん。お笑い界でも随一の「映画通」であるという斉藤さんが教えてくれる「今おすすめの映画トップ5」とは!?

SONY DSC

5.『用心棒』

1つは、黒澤明の「用心棒」という映画がです。なんで推したかといいますと、やっぱりこの、邦画が誇る映画のジャンルって時代劇だと思うんですよ。その中で、「七人の侍」ももちろん面白いんですけど、他の監督さんの時代劇も面白いんですけど、1番とっかかりやすいのが「用心棒」で、見てもらうとどんどん深みにはまっていくというか、良さがすごいでるので、みんながいいなって思ってくれて。あと、三船敏郎がやっぱりいいんですよね。当時の俳優さん、今も時代劇たまにありますけど、みんなやっぱり顔が小さい人がタレントさん。昔って、失礼ですけど顔が大きめの人とか、甲冑とか和服が合うんですよねしかも、古さを感じないので、今見てもちゃんと面白いし、日本にもこんないい映画があるんだっていう。時代劇というジャンルで『用心棒』ですかね。

4.『怒り』

あとは、これも1本邦画なんですけど、最近でいうと「怒り」っていう映画がです。渡辺謙さんがでてまして、僕のケイダッシュステージのグループの渡辺謙さんがでてるんですけど、それで推してるわけじゃないんですけど、「怒り」は多分まだ劇場公開されてる途中なのでDVDとかにはまだなってないんですけど、原作ものでそれを映画にしたんですけど。僕は原作も読んで映画も見たんですけど、まず原作を映画化するってよくあるじゃないですか。でも、そういう色んな原作もの映画の中で秀逸というか、1位ぐらい。というのは、原作のいじり方がすごくうまくて、内容は一緒なんですけど、オムニバスという3箇所でバラバラの登場人物たちが群像劇のように繋がっていく話なんですけど、順番を間違えると一気にわけわからない話になっちゃうんですよ。「今どこの誰の話だっけ?」ってなっちゃうんですけど。小説でも実際読んでて、「あれ?これはどこだっけ?」みたいな。ですけど、映画は、例えば1個のシーンの最後の台詞が、次のシーンのバトンになってて、スッと次のシーンにいって、次のシーンの最後も、例えば食事の話だったとしたら、ちゃんと食事の話が3箇所繋がってたりするっていう繋がりとかがあって、これも見事だなっていうところですね。

SONY DSC

八王子で一家殺人事件が起きて、犯人が逃走するんですけど整形しちゃうんですよ、犯人が。似顔絵がでるんですけどわからない。今どこにいるかわからないってなった時に、東京と千葉と沖縄で3箇所で、犯人にそっくりな男の人が突然、しかも所在不明身元不明の3人がいきなり現れて、土地のひとたちと仲良くなっていくんですけど、だんだん指名手配のニュースとかが流れ出して、「あれ?もしかして、いきなり現れたけど僕が信じてたこの人は殺人犯なんじゃないか?」っていう疑いを3箇所で同時に疑い始めるんですけど、最後の方で一応真犯人はいてっていう。市橋容疑者っていたじゃないですか?あれがモデルになってるみたいで、そういうバックボーンはなかったんですけど、整形して逃げたりとか。こんなのいうのあれですけど、その顔も市橋容疑者にちょっと似てる、綾野剛と、松山ケンイチと、森山未來。………似てるんですよ。このチョイスもなかなか絶妙じゃないですか?そこも相まって、これはめちゃめちゃいい作品ですね。

3.『マッドマックス 怒りのデスロード』

あとは、洋画の方にいかせていただくと、1本は「マッドマックス 怒りのデスロード」。なんていうんですかね。911以降でアメリカの映画って作り方がちょっと変わったというか、勧善懲悪っていうより、911、イラク戦争のこともあって、アメリカが持ってる正義というものがブレてるというか、簡単に正義だよって言えないような情勢ってあったんですよね。ベトナム戦争の時もそうですけど、要はアメリカが正義、相手が悪と割り切ることがちょっとできなくなってるというか。まさに911以降の、例えばアメコミのヒーロー映画とかも、バットマンとかも内容は昔のものと変わったりしてて、時代を結構反映させてるものになってるというか。その中で、そういうのも映画なんですけど、見ててストレートにスカッとする気持ちいい娯楽映画ってなかなかでなくなっちゃったなという印象があって、その中で「マッドマックス 怒りのデスロード」っていうのは、本当にシンプルなんですよね。

「行って帰ってくるだけ」っていう映画なんですよ。ディストピアの世界で、要は文明が滅んじゃった地球で独裁者が現れて、宗教じみたことでみんなを洗脳していくんですけど、そこから子産み女って言われる独裁者が子供を産むためにいる女性が、奴隷がいるんですけど、その女性たちを逃す話っていう。これもやっぱり、宗教観ある敵も悪ではないというか、「その時代に止むを得ず生まれてしまったもの」っていうところも含めて、完全な善悪でもないし、かといって、とにかく見て欲しいんですけど、ずっと車がでるカーアクションがあるんですけど面白くて、僕は映画館でこんな面白いものがあっていいんだって感動して涙が出たんですよ。多分、まだ立川で爆音上映会といって映画館でまだやってるので、これは見て欲しいですね。

お笑い動画配信サービス お笑いTV

まだまだあります ネタ動画見放題!!

この記事に登場する芸人

ジャガモンド
ジャガモンド

ケイダッシュステージ所属のお笑いコンビ「ジャガモンド」!

ジャガモンドのほかの記事を見る

オモプラッタをフォローして最新情報を受け取る